政治ニュース・経済ニュース・芸能ニュース・ローカルニュースの動画をどんどんアップしていきます

速報ニュース動画まとめ(政治・経済・芸能・その他)

・たかひら正明【政治系動画チャンネル】

【ニュース速報】光明池探訪 光明池朝鮮人労働者の慰霊碑

投稿日:

簡単・無料登録でお小遣いを貯めよう!【自宅用PCモニター】

コメントへの返答を求める方は、ブログにコメントください。
よろしくお願いします。

光明池の南西端に光明池朝鮮人労働者の慰霊碑はある。
以前は樹木に囲まれていたそうだが、宅地開発で、祠の周囲に少しだけしか残っていない。

光明の滝国分町付近の槙尾川から水を取り入れる光明池の面積は36万㎡、外周は約8km、主堤防の高さは26m、長さは350mに及び、貯水量は約370万と府下最大の池だ。

1931年から5年間かけて、干ばつに悩まされる旧泉北郡地域の灌漑用溜池としてつくられました。
築造工事は、府営事業として行われ、大林組が請け負い、地元泉北の中野組、北喜組、東與組が工事を担当し、工事には、当時日本の植民地であった朝鮮半島から仕事を求めてきた300人近い朝鮮人が従事している。
ツルハシで山を削り、削った土砂をトロッコで堤防へ運ぶという危険な作業の中で、10数人もの犠牲者が出たと伝えられています。
現在の日本でも研修生などとイカサマ制度をつくって、既に日本人だけでは成り立たなくなっている1次産業などで外国人を、最低賃金以下、タコ部屋暮らし、パスポートの取り上げで逃げられなくするなどの奴隷労働でこき使い、雇用主が殺されたりしており、国際的にも人身売買国家と見られている。
当時、植民地では、土地を接収し、百姓を食えなくして、奴隷労働へと誘導した背景があり、この工事現場でも危険で体力的に厳しい工事をさせていたと容易に推測できる。

この石碑は、工事完成後、工事で亡くなった朝鮮人労働者を慰めるために建立されたもの。
石碑の右側面には大林組武藤寅也と刻まれており、石碑の左側にたつ灯籠には、北喜組の関係者の名前が見えます。

年月を経る中で、石碑の存在は忘れられ、バラバラに倒れていましたが、1983年に再建され、2005年には、光明池土地改良区の手によって建物が修復されました。
1995年から、市民の手で石碑の由来や朝鮮人労働者の実態をめぐる調査が進められ、1997年より追悼の集いが行われている。
追悼の集いが10回目を迎えた2006年、「ハングル併記の説明版」が設置された。

近くにある守護神社と異なり、ここをお参りする人の姿は見られなかった。
奴隷労働で朝鮮人を殺してきた北喜組が建てた神社だけに、日本人と思しき参拝者がいるのを見るのはシュールな光景である。

ニュース話題チャット

LOADING...

-・たかひら正明【政治系動画チャンネル】

Copyright© 速報ニュース動画まとめ(政治・経済・芸能・その他) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.