政治ニュース・経済ニュース・芸能ニュース・ローカルニュースの動画をどんどんアップしていきます

速報ニュース動画まとめ(政治・経済・芸能・その他)

・たかひら正明【政治系動画チャンネル】

【ニュース速報】格差社会を社会的弱者の親子へと見せつけるために毎年5000万円の高石市税が投入されるHUGOODたかいし(プロデュースbyボーネルンド)

投稿日:

 

コメントへの返答を求める方は、ブログにコメントください。
よろしくお願いします。

子育てウエルカムステーション 「ハグッドたかいし」には親子を育てるあそびや子育ての情報が揃っています。
但し、ここで遊べるお金を持っている親子だけに…・

南海本線高石駅前の複合施設、アプラたかいしにあるHUGOOD(ハグッド)にあるエリアは3つ。
入口にある■TERRACE■-いこいのひろば
木製遊具や植物が並ぶここで、「ゆっくりひと休みでき」る時間とは何分ぐらいだろうか?
この入り口で10分もいられる親子がいるとすれば、相当図太い神経の持ち主ではないか?

入口にいられず、
■SQUARE■-まなびのひろば-(無料エリア)へと歩を進める。
「『親子と情報が交差し、まなびが育まれる広場』をイメージした親子で絵本を楽しむスペースや、タブレットや情報誌など子育てに役立つ情報コーナーがある子育て支援ルーム」は、4Fの高石市立図書館と何が違うのか?
この施設での長時間滞在を市が勧めるならば、図書館の子どもフロアをもっと充実させればよろしい。

誰が何と言おうが、ハグッドのメイン施設はここだ。
■PLAY LAB.■-あそびのひろば-(有料エリア)
ここには子どもが長時間楽しめそうな楽しい遊具が並ぶ。
だが、有料だ。
親子2人500円/1時間(追加1名につき250円/1時間、延長15分50円/人)
※0~6歳(未就学のお子様)が対象の施設となります。
有料エリアに金を落とせば、駐車場も2時間無料となる。

無料エリアで子どもを遊ばせようと思って来ても、子どもの目には有料エリアのボールプールなど沢山の遊具が目に入る。
有料エリアを利用できない家庭にとっては、蛇の生殺しだ。

ここでの遊びに500円を支払える家庭と、支払うのが惜しいと考えて控える家庭とがあれば、後者を救うのが行政の役割である。
税は、国民の福祉に使われるために、再分配のために課せられているというのが、福祉国家の定義ではなかったか?

阪口伸六・高石市長のような、ドアホノミクス、維新という権力を握る者こそ正義で、地方都市の首長はその奴隷として市民支配すべし!を旨とし、議会からも唾棄され続けるような独裁者の巣くう街では、このような経済的弱者の存在は市民の間でも顧みられない。
「ここで500円払うなら、いつも鶏の胸肉を食べさせているのを、もも肉を買うわ!」
ある母親の言葉。

この言葉は伸六に届きようもない。

この施設に投入される税金は、年間5千万円。
「金がない」と、職員数を切りまくり、それを「成果」だとうそぶく伸六と、それに踊らされる高石市民。
泉佐野も同じく、職員数を過剰に減らし続ける自治体の市民は、南海地震などの大規模災害が発生した時に、自分たちが放置されて初めて、職員数の重要性を知るのだろう。
3.11以後、職員数を増やし続ける東北の自治体と同じく。

同級生たちが「お前の無茶な独裁政治に付き合っていられるか!」と辞めていった伸六市政。
畑中政昭・高石市議に「出馬するなら次にして!」と懇願して、2019年市長選挙出馬を押しとどめた伸六。

伸六独裁に、怒号が飛び交う議会を、きちんと高石市民は監視して伸六に市長をさせる判断をしているのか?
役場への往復に、自転車を押し、声をかけてくる気さくな市長だとの誤解を市民が重ねるたびに、高石市の民主主義は壊れていく・・・・・

ニュース話題チャット

LOADING...

-・たかひら正明【政治系動画チャンネル】

Copyright© 速報ニュース動画まとめ(政治・経済・芸能・その他) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.