ヴァセリンを使ってみての感想

ヴァセリン

ヴァセリンって、ずっと昔からある製品ですね。ユニリーバの商品で、1859年にアメリカで誕生しました。

 

ヴァセリンという製品のことは知ってはいたものの、今まで使ったことはありませんでした。@コスメで調べたところ、ランキングの上位に入っています。

 

手や唇はもちろん、髪やその他ボディのいろんな部分に使えるんですね。乾燥に大きな効果があるクリームで、ハンドクリームやリップクリームとして使う人が多く、これでかなりの人が手荒れ唇のカサカサを改善したようです。コールドクリームとして、クレンジングやマッサージに使用している人もいますね。

 

他にも、まつ毛が長くなるという噂もあります。

 

これ一つでいろいろなクリームの役目を果してくれそうだ、ということで、試しに、楽天で一番小さいパッケージのものを買いました。

 

ヴァセリンの商品情報(楽天)は、こちらです。

 

ヴァセリンが届いたその日、お風呂上りにヴァセリンを使ってみました。ひじ・ひざ・かかと、そして足にも塗ってみるとしっとり感が出てきました。

 

特にヴァセリンを使ったあとのふくらはぎを触るとむっちりとした気持ちいい手触り。また、かかとの部分が柔らかくなり、爪の筋が目立たなくなりました。

 

さらに、私は眼鏡をかけていて、鼻パッドの跡があるんです。ヴァセリンを塗ったところ、それが目立たなくなりました。よく見ると分かりますが、ちょっと目にはわからない状態です。

 

他に気が付いたこととしては皮膚の角質化した部分に効果があるということです。私の右手の親指と左手の薬指に魚の目があるのですが、ヴァセリンを使い始めてから3週間程度で、その変化に気が付きました。

 

今のところは小さく、柔らかくなったという状態なので、きれいになくなるのかどうかは分かりませんが、お風呂上りに毎日、魚の目とその周りの部分にたっぷりとヴァセリンを塗っています。

 

ヴァセリンは髪の保湿にも効果があります。シャンプー後、髪がまだ少し水気を帯びている時に毛先を中心にヴァセリンを少量塗ると、髪の毛の水分を閉じ込めてくれて、パサパサヘアを改善してくれます。